コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁位 じい magnetic potential

1件 の用語解説(磁位の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磁位
じい
magnetic potential

静電場で電位を定義したのと同様にして,静磁場で定義されたスカラー量。静磁場 H の中で1つの点Pから単位の磁荷が無限遠まで移動するとき磁場のなす仕事 を点Pの磁位といい, で表わす。このようなスカラーポテンシャル保存力の場で定義されるものであるから,磁位が定義できるのは,静止した磁石がつくる磁場の場合だけである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の磁位の言及

【アンペア】より

…単位の大きさは,電流ばかりを用いる絶対測定および他の物理定数の組合せによって実現される。アンペアは,磁位,磁位差,起磁力,電流鎖交数の単位としても使用される。【平山 宏之】。…

※「磁位」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

磁位の関連キーワード静電界静電場直和電位電位差電極電位イオンビーム静止電位アーンショウの定理フラーデ電位

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone