コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電位 でんいelectric potential

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電位
でんい
electric potential

静電ポテンシャルとも呼ばれる。静電場の中の1つの点Pから単位の正の点電荷が標準点 (実用上は大地,理論上は無限遠点) まで移動するとき,電場のなす仕事を点Pの電位という。その値は電荷を運ぶ道筋に関係せず,重力場における位置エネルギーと同じく位置座標だけの関数で,スカラー関数 で表わされる。電場 E との関係は 。2つの点の電位差電圧であり,その SI単位はボルトである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

でん‐い〔‐ヰ〕【電位】

二点間に一定の電気量を運ぶのに必要なエネルギー。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

電位【でんい】

時間的に変化しない電場(静電場や定常電流の場)内で,単位正電荷(1クーロンの電荷)を基準点(ふつう無限遠点または大地)からその位置までに運ぶのに必要な仕事をその点の電位という。
→関連項目陰極空中電場ポテンシャル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

でんい【電位 electric potential】

静電場(時間的に一定の電場)の中におかれた電荷は,各場所で定まる位置のエネルギーをもつ。これは重力場の中におかれた質点に対し,場所の関数として位置のエネルギーが定まるのと同じである。単位電荷(1Cの電荷)が電場の中の各点でもつ位置のエネルギーを,その点の電位という。詳しくいえば,単位電荷が電場から力を受けて点Pから点Qまで移動するとき,電場が単位電荷にする仕事を2点PQ間の電位差と呼ぶ。そして,任意の点と無限遠点(または大地)の電位差をその点の電位とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

でんい【電位】

無限遠または電場外の点から電場中の一点に単位点電荷を運ぶのに必要な仕事。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電位
でんい
electric potential

一単位の電荷を、ある標準点(通常は無限遠点)から、その位置まで径路にかかわらず静かに運ぶのに要する仕事と定義され、国際単位(SI単位)系ではボルト(V)で表す。電界に逆らって電荷を動かすには仕事がいる。このため時間的に変化のない電界が作用している場所には、その位置に応じた位置のエネルギーがあると考えることができるのでこの名がある。とくに、特定の2点間の電位の差を電位差とよぶ。また、径路に関係しない空間座標のみで決まる一価関数であるので、空間内に等しい電位をもった等電位面を描くことができる。
 大地は無限大の導体であることから、電位はゼロとなる。このため、アース(接地)してあれば、絶縁に異常の生じた機器に人が触れても、人と機器の間には電位差がないため感電を防ぐことができる。[岩田倫典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

電位の関連キーワードエレクトロメーターポーラログラフィーガルヴァニ電位差ルーテルの法則タンデムミラーレドックス電位標準電極電位フラーデ電位プールベイ図酸化還元電位スパイク電位ドルン効果象限電位計電極電位生体電流基準電極電気伝導標準電極電圧降下活動電位

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

電位の関連情報