コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁器コンデンサ じきコンデンサceramic condenser

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磁器コンデンサ
じきコンデンサ
ceramic condenser

極板間にはさむ誘電体として強誘電体磁器を用いたコンデンサセラミックコンデンサともいう。磁器材料として酸化チタンチタン酸バリウム,チタン酸マグネシウムなどを用い,円筒または円板状の磁器に銀その他の金属膜を焼付けたものを電極とする。高周波に対する損失が少く,103MHz 程度までの周波数に対して電気回路素子として使われる。大電力発振器に用いられる大型のものから受信用の小さなもの,また容量は1μFから数百 pF 程度のものがつくられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

磁器コンデンサの関連キーワードセラミックコンデンサーチタンコンデンサーティーディーケイ村田昭

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android