コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁器コンデンサ じきコンデンサceramic condenser

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磁器コンデンサ
じきコンデンサ
ceramic condenser

極板間にはさむ誘電体として強誘電体磁器を用いたコンデンサ。セラミックコンデンサともいう。磁器材料として酸化チタンチタン酸バリウムチタン酸マグネシウムなどを用い,円筒または円板状の磁器に銀その他の金属膜を焼付けたものを電極とする。高周波に対する損失が少く,103MHz 程度までの周波数に対して電気回路の素子として使われる。大電力発振器に用いられる大型のものから受信用の小さなもの,また容量は1μFから数百 pF 程度のものがつくられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone