コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磐之媛命 いわのひめのみこと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

磐之媛命 いわのひめのみこと

記・紀にみえる仁徳天皇の皇后。
葛城襲津彦(かずらきの-そつひこ)の娘。履中・反正・允恭(いんぎょう)天皇の母。嫉妬(しっと)ぶかい女性としてえがかれている。「万葉集」巻2に,磐姫皇后の歌として4首おさめられている。光明皇后が皇后となったとき,臣下出身の先例としてあげられた。「古事記」では石之日売命。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

磐之媛命の関連キーワード瓢箪山古墳〈奈良県〉奈良県奈良市佐紀町住吉仲皇子葛城磐之媛葛城襲津彦反正天皇八田皇女履中天皇奴理能美允恭天皇黒日売国依媛口比売口持

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android