磯貝勝太郎(読み)いそがい かつたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「磯貝勝太郎」の解説

磯貝勝太郎 いそがい-かつたろう

1935- 昭和後期-平成時代の文芸評論家。
昭和10年1月26日生まれ。作家をこころざしたが大衆文学評論に転じ,昭和58年「大衆文学評論への努力」で長谷川伸賞。国際基督(キリスト)教大図書館主幹をつとめた。東京出身。慶大卒。著作に「歴史小説の種本」「と先生にないしょの話」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android