コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磯長 しなが

世界大百科事典 第2版の解説

しなが【磯長】

現在の大阪府南河内郡太子町の一部の歴史地名。科長とも記す。古代において科長郷の名がみえ,河内国石川郡に属した。この付近には敏達・用明・推古・孝徳の4天皇の陵墓をはじめ,聖徳太子磯長墓(叡福寺)などが設けられた。また《延喜式》にみえる科長神社もこの地にまつられた。郷域は判然としないが,当麻(たいま)寺の西嶺の背後の地一帯がそれとされる。1896年大阪府南河内郡に編入,1956年山田村と合併して太子町となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

磯長の関連キーワード太子(町)(大阪府)膳部菩岐岐美郎女王陵の谷(日本)膳菩岐岐美郎女穴穂部間人皇女聖徳太子の墓山田高塚古墳是害房絵詞太子[町]大水口宿禰赤星弥之助用明天皇足柄平野竹内街道孝徳天皇敏達天皇長沢 鼎太子信仰推古天皇丹比道

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

磯長の関連情報