コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磯長 しなが

1件 の用語解説(磯長の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しなが【磯長】

現在の大阪府南河内郡太子町の一部の歴史地名。科長とも記す。古代において科長郷の名がみえ,河内国石川郡に属した。この付近には敏達・用明・推古・孝徳の4天皇の陵墓をはじめ,聖徳太子の磯長墓(叡福寺)などが設けられた。また《延喜式》にみえる科長神社もこの地にまつられた。郷域は判然としないが,当麻(たいま)寺の西嶺の背後の地一帯がそれとされる。1896年大阪府南河内郡に編入,1956年山田村と合併して太子町となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

磯長の関連キーワード赤坂穴穂部間人皇女大阪芸術大学叡福寺竹内峠かなん紀吉継

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

磯長の関連情報