亀田(読み)かめだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

亀田
かめだ

新潟県中部,新潟市中北部の旧町域。新潟平野の中央にある。 1889年町制。 2005年新潟市に編入。 2007年政令指定都市化に伴い大部分は江南区の一部となった。阿賀野川信濃川の下流に挟まれた砂丘地帯を占め,中心集落の亀田は元禄年間 (1688~1704) に新発田藩市場町として発展。合成繊維の婦人服地,米菓,機械工業が立地。亀田梨が特産。 1949年栗ノ木川に排水機場ができ,低湿地が乾田化された。

亀田
かめだ

秋田県南西部,由利本荘市岩城町の中心集落。旧町名。日本海に面する。 1955年道川村と合体して岩城町となる。江戸時代は岩城氏2万石の城下町として発展。もと赤尾津と呼ばれた地に,岩城吉隆陣屋を設けて亀田と称した。寛文年間 (1661~73) に新田開発が盛んとなり,羽越本線開通までその中心地として栄えた。江戸時代からの亀田地織や,竹細工は特産。衣川の上流に不動ノ滝がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔地域名〕亀田(かめだ)


北海道函館(はこだて)市北西部の地域名。
亀田市が1973年(昭和48)函館市に編入。現在、亀田本町・亀田港町ほかの冠称として残る。松前(まつまえ)藩の統治した時代から発展した地。幕末には五稜郭(ごりょうかく)が設置された。

〔北海道〕亀田(かめだ)


北海道函館(はこだて)市北西部の地区名。1971年(昭和46)に市制施行した亀田市が2年後に函館市に編入され、現在は亀田町・亀田本町・亀田中野町・亀田港町の4町として残る。松前(まつまえ)藩の統治した時代から発展した地。幕末には五稜郭(ごりょうかく)が設置された。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かめた【亀田】

(「かめだ」とも) 姓氏の一つ。

かめだ【亀田】

北海道南西部、渡島(おしま)支庁の郡。亀田半島(渡島半島南東部)の大部分を占める。明治二年(一八六九)渡島国の一郡として成立。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

亀田の関連情報