コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磯馴る ソナル

デジタル大辞泉の解説

そ‐な・る【××馴る】

[動ラ下二]《「そ」は「いそ(磯)」の音変化》
潮風のために、木の枝や幹が地面をはうように延びる。
「荒磯(あらいそ)の波に―・れて這(は)ふ松はみさごのゐるぞ便りなりける」〈山家集・中〉
風になびく。
「くれたけのおきふし風に―・れきてよなよな秋とおどろかすなり」〈秋篠月清集

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そなる【磯馴る】

( 動下二 )
〔「いそなる」の「い」の脱落した形〕
海岸に生えている松などが、風や波に順応して地をはうような形になってしっかり根をはっている。 「荒磯の浪に-・れて這ふ松は/山家

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

磯馴るの関連キーワード荒磯

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android