磯馴る(読み)ソナル

デジタル大辞泉の解説

そ‐な・る【××馴る】

[動ラ下二]《「そ」は「いそ(磯)」の音変化》
潮風のために、木の枝や幹が地面をはうように延びる。
「荒磯(あらいそ)の波に―・れて這(は)ふ松はみさごのゐるぞ便りなりける」〈山家集・中〉
風になびく。
「くれたけのおきふし風に―・れきてよなよな秋とおどろかすなり」〈秋篠月清集

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そなる【磯馴る】

( 動下二 )
〔「いそなる」の「い」の脱落した形〕
海岸に生えている松などが、風や波に順応して地をはうような形になってしっかり根をはっている。 「荒磯の浪に-・れて這ふ松は/山家

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android