コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磯馴る ソナル

デジタル大辞泉の解説

そ‐な・る【××馴る】

[動ラ下二]《「そ」は「いそ(磯)」の音変化》
潮風のために、木の枝や幹が地面をはうように延びる。
「荒磯(あらいそ)の波に―・れて這(は)ふ松はみさごのゐるぞ便りなりける」〈山家集・中〉
風になびく。
「くれたけのおきふし風に―・れきてよなよな秋とおどろかすなり」〈秋篠月清集

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そなる【磯馴る】

( 動下二 )
〔「いそなる」の「い」の脱落した形〕
海岸に生えている松などが、風や波に順応して地をはうような形になってしっかり根をはっている。 「荒磯の浪に-・れて這ふ松は/山家

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

磯馴るの関連キーワード荒磯

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android