コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋篠月清集 あきしのげっせいしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秋篠月清集
あきしのげっせいしゅう

鎌倉時代初期の歌集。略称『月清集』。藤原良経 (→九条良経 ) の自撰家集。4巻。元久1 (1204) 年成立。六家集の一つ。繊細で気品のある新古今風の歌風

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あきしのげっせいしゅう〔あきしのゲツセイシフ〕【秋篠月清集】

鎌倉時代の私家集藤原良経自撰。元久元年(1204)成立。歌数1600余首。六家集の一。月清集。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あきしのげっせいしゅう【秋篠月清集】

藤原良経の自撰家集。4巻。1610余首を収める。《新古今集》成立の1205年(元久2)前後に成ったと思われる。定家本系,教家本系,両者の混交本系など,組織を異にする多くの伝本のどの内題にも,〈式部史生(ししよう)秋篠月清集〉とある。そのほか〈南海漁夫〉〈西洞隠士〉などの謙退仮名(かめい)をも用い,良経の隠者志向がうかがわれるが,人生の無常をも見つめた長高清雅な歌境が,この家集の価値を高めている。【上条 彰次】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あきしのげっせいしゅう【秋篠月清集】

〔作者の筆名、秋篠月清による〕
家集。三巻。藤原良経自撰。1204年頃成立。六家集の一。高雅で清新な作品が少なくない。歌数千六百余首。月清集。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秋篠月清集
あきしのげっせいしゅう

藤原良経(よしつね)の自撰(じせん)家集。正式書名は『式部史生(しきぶしじょう)秋篠月清集』で、略称は『月清集』。成立は1204年(元久1)11月ごろ。内容は、前半に定数歌の花月百首・二夜(ふたよ)百首などの9種の百首歌と院無題五十首・院句題五十首の2種の五十首歌を収め、後半に四季、祝、恋、旅、雑、無常、神祇(じんぎ)、釈教(しゃっきょう)などの部類歌を収める。新古今的な歌風のなかでも、風格のある歌で、漢詩的世界を摂取した点に特色がある。深い情趣をたたえた歌風で、長高(たけたかし)と評された歌が多くみられる。伝本は、教家(のりいえ)本(良経次男の教家が1221年書写)歌数1615首と、定家(ていか)本(良経の草稿本を定家と民部卿局(みんぶきょうのつぼね)が1228年書写)歌数1611首に分ける。良経の詠歌の大部分を収載。[有吉 保]
『片山享著『校本秋篠月清集とその研究』(1976・笠間書院) ▽青木賢豪著『藤原良経全歌集とその研究』(1976・笠間書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

秋篠月清集の関連キーワード寂びる・荒びる後京極良経宇津の山降り紛ふ鎌倉時代雪の花玉津島跡無し八幡山紫の庭磯馴る広沢池筆名千里宇多敢ふ