礙竄性・碍竄性(読み)がいざんせい

精選版 日本国語大辞典「礙竄性・碍竄性」の解説

がいざん‐せい【礙竄性・碍竄性】

〘名〙 物質性質の一つ。二つの物体が、同時に同一の場所を占めることはできないという性質。不可入性。礙性(がいせい)
理全志(1875‐76)〈宇田川準一訳〉一「二物必ず同時に同処を占領すること無し是を物の礙竄性と曰ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android