コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会的拘束 しゃかいてきこうそくsocial constraint

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会的拘束
しゃかいてきこうそく
social constraint

広義には社会の成員が社会から受ける強制作用をいい,社会統制と同義。狭義には É.デュルケムのあげた社会的事実の基本特性の一つをいう。彼は合意説の立場を取る社会観をもとに,諸個人にとって所与の外在的事実である社会的事実が,諸個人の行為を内側から拘束する個人内在的事実でもあることを論証した。社会的拘束は常に意識されているわけではないが,それに違反した際に受ける社会的制裁によって自覚される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

社会的拘束の関連キーワードデュプラ生活時間レジャー社会問題制裁

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android