コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会的機能 しゃかいてききのうsocial function

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会的機能
しゃかいてききのう
social function

一定の状況のなかで,地位,役割体系としての社会システムが,みずからの維持,存続のためにその機能的要件を充足させようとする作用,働きのこと。その場合,このシステムのパターンの順当な再生産という方向でシステム構成要因が作用しているときにはその働きを正機能,逆に既存のパターンの変質,解体に貢献している場合を逆機能という。また一つのシステムがその構成諸要素の機能的自律性を前提としている以上,それが営む社会的行為あるいは制度が,全体としてのシステムにとっては正機能あるいは逆機能であったとしても,下位システム自体からみると必ずしも同様な評価を与えることはできないことがある。経験的には両者の間にむしろ食違いの存在することが常態に近いともいえる。また機能には,遂行者によって意図され認知されていた顕在的機能と,あらかじめ意図されていなかったにもかかわらず,結果として生じた潜在的機能とがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

社会的機能の関連キーワードワーグナー(Otto Wagner)ジョン・デズモンド バナールインド=ヨーロッパ語系諸族ゴーイング・コンサーンスクエア・ディールカール レンナールイス コーザームカジョフスキートーテムポールホルクハイマースポーツクラブイェーリングティマール制妄想性障害宗教人類学集落地理学都市地理学宗教社会学民族音楽学バナール

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

社会的機能の関連情報