コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社戸大口 こそべの おおくち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

社戸大口 こそべの-おおくち

?-? 飛鳥(あすか)時代の武人。
壬申(じんしん)の乱(672)の際の大友皇子側の武将。近江(おうみ)の安河(野洲川)のほとりの戦いで大海人(おおあまの)皇子側の村国男依(おより)らに敗れ,捕らえられた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

社戸大口の関連キーワード武人壬申

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android