祇園鉾(読み)ぎおんぼこ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

祇園鉾
ぎおんぼこ

京都市の祇園祭(7月17~24日)に練り出す、山鉾を模した郷土玩具(がんぐ)。平安朝時代の疫病退散の御霊会(ごりょうえ)が、山鉾の始まりという。祇園鉾には、鉾の頂上に長刀(なぎなた)を配した長刀鉾、神功(じんぐう)皇后御帰陣の軍船にかたどった船鉾の2種がある。厚紙木製で、土製の人形が乗っており、祭りの期間中祇園周辺の露店で売られてきた。最近は観光土産(みやげ)用として、さらに小型で模型化したものが常時売られている。[斎藤良輔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android