コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軍船 イクサブネ

デジタル大辞泉の解説

いくさ‐ぶね【軍船】

兵船。軍艦

ぐん‐せん【軍船】

水上の戦いに用いる船。いくさぶね。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いくさぶね【軍船】

兵船。軍艦。

ぐんせん【軍船】

昔、水上のいくさに用いた船。いくさぶね。兵船。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の軍船の言及

【商船】より

… 人類が船を用いるようになって少なくとも6000年以上が経過したとされる。丸木舟やいかだなどから帆船やオールをもつ船に発達を遂げたのは,前2100‐前1200年のころであるが,船が用途によって軍船と商船に分けられたのはフェニキアの時代である。軍船が帆を備えながらも,帆走は巡航時や補助的手段として使用し,戦闘時には多数のこぎ手によるオール推進を用いたのに対し,商船は荷物を積むスペースを大きくとるため,多数のこぎ手を乗せることをやめ,かつずんぐりした船型として帆走を主体とした。…

※「軍船」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

軍船の関連キーワード碇石(いかりいし)櫓掛かり・櫓掛り井楼船・棲楼船アルギヌサイガレオン武者走りガレー船河野通時矢狭間水主役宗助国小早船囲い船日本丸井楼船開の口二形船塗小早安宅船船大将

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

軍船の関連情報