神会(読み)じんね(英語表記)Shén huì

世界大百科事典 第2版の解説

じんね【神会 Shén huì】

670‐762
中国,唐代中期の禅僧南陽和上荷沢神会般若真宗大師とよばれる。俗姓高氏,湖北省襄陽の人。はじめ,玉泉寺神秀に師事するが,曹渓に赴いて慧能に参じた。洛陽荷沢寺を中心に同門の普寂を批判して漸教とし,頓悟を唱える。達磨を初祖とする禅宗の確立は,この人の活動によるところが大きい。晩年には,安禄山の反乱に際し,広く道俗に授戒して,香水銭を集め,唐の財政を助けたこともある。敦煌文書による,胡適の《会和尚遺集》によって,その史実と思想が知られ,禅宗史研究の新しい発端となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神会の関連情報