コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頓悟 トンゴ

デジタル大辞泉の解説

とん‐ご【頓悟】

仏語。長期の修行を経ないで、一足とびにりを開くこと。⇔漸悟(ぜんご)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

とんご【頓悟】

仏教の用語。一挙に悟ること,またはその悟りをいう。段階的に悟りに達する漸悟に対し,本来成仏の理を前提するもの。インド仏教が,漸悟をたてまえとするのに対し,中国では,古く竺道生悟を説いたといわれて,漸悟すら頓悟的に受けとめられる。曹渓慧能を祖とする南宗は,その代表的なものであり,宗密は,頓悟頓修,頓悟漸修,漸修頓悟,頓修漸悟の四つを分かち,頓悟漸修を最高とする。【柳田 聖山

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とんご【頓悟】

( 名 ) スル
〘仏〙 段階的な修行を踏むことなく、一挙に悟りを開くこと。 ↔ 漸悟ぜんご

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の頓悟の言及

【慧能】より

…新州(広東省東部)の人,姓は廬。在家のまま,五祖弘忍(ぐにん)の法をつぎ,韶州曹渓の宝林寺を道場として,頓悟の禅をひろめる。頓悟は,戒律や禅定によらず,直ちに本来清浄な自性にめざめる,般若の知恵を指す。…

※「頓悟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

頓悟の関連キーワード屯・豚・遁・頓カマラシーラ三遊亭円朝頓悟・漸悟春雨物語荷沢神会南頓北漸雨月物語ぜんご摩訶衍臨済宗頓漸仏語道生神会神秀宗論慧可慧思

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android