コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慧能 えのう Hui-neng

6件 の用語解説(慧能の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

慧能
えのう
Hui-neng

[生]貞観12(638)
[没]開元1(713)
中国,唐の僧。禅宗の第6祖。5祖弘忍門下。同じ門下の神秀が唐朝と関係をもち北方に栄えたのに対し,南方に下って教化。弟子に傑僧が輩出し,後代の禅の発展はほとんどこの系統から出る。遺録として門下の編集に成る『六祖壇経』が著名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えのう〔ヱノウ〕【慧能】

[638~713]中国、唐代の僧。禅宗の第六祖。漸悟(ぜんご)を尊ぶ神秀(じんしゅう)の北宗(ほくしゅう)禅に対し、頓悟(とんご)を尊び、南宗(なんしゅう)禅の開祖となった。遺録「六祖壇経(だんきょう)」。曹渓(そうけい)大師。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

慧能【えのう】

中国,唐代の僧。禅宗第6祖。六祖(ろくそ)大師,大鑑禅師とも。弘忍の教えを受け,同門神秀(じんしゅう)の北宗禅に対立し,韶州(しょうしゅう)(現在の韶関)の宝林寺に住す。
→関連項目禅機図

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

えのう【慧能 Huì néng】

638‐713
中国,唐代盛期の禅僧。六祖,大鑑禅師という。新州(広東省東部)の人,姓は廬。在家のまま,五祖弘忍(ぐにん)の法をつぎ,韶州曹渓の宝林寺を道場として,頓悟の禅をひろめる。頓悟は,戒律や禅定によらず,直ちに本来清浄な自性にめざめる,般若の知恵を指す。弘忍の十大弟子のうち,神秀(じんしゆう)その他が則天武后の時代に,長安や洛陽の地に進出,主として上層貴族に迎えられて,華厳や天台などの伝統仏教学と融合し,総合の傾向をとるのに対し,慧能は教外別伝の立場をとり,新しい地方文化の先駆となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

えのう【慧能】

638~713) 中国、唐代の禅宗の僧。姓は盧氏。禅宗第六祖。諡おくりなは、六祖大師・大鑑禅師。五祖弘忍の下で修行し、その法を継いだ。当時は同門の神秀の北宗禅が盛んであったが、数代で消滅し、慧能の南宗禅が後世に伝わった。語録に「六祖檀経」がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

慧能
えのう
(638―713)

中国、唐代の僧。中国禅宗の第六祖。俗姓は盧(ろ)氏。諡号(しごう)は大鑑真空普覚円明(だいかんしんくうふかくえんみょう)禅師。六祖(ろくそ)大師ともいわれる。新州(広東(カントン)省)に生まれ、3歳で父を失い、市に薪(まき)を売って母を養っていたが、ある日、客の『金剛経』を誦(じゅ)するのを聞いて出家の志を抱き、(きしゅう)(湖北省)黄梅(おうばい)の東山に禅宗第五祖、弘忍(こうにん)を尋ね、仏性(ぶっしょう)問答によって入門を許された。8か月の碓房(たいぼう)(米ひき小屋)生活ののち、弘忍より大法を相伝し、南方に帰って猟家に隠れていたが、676年(儀鳳1)南海法性寺(ほうしょうじ)にて印宗(いんしゅう)法師の『涅槃経(ねはんぎょう)』を講ずる席にあい、風幡(ふうばん)問答によって認められ、印宗によって剃髪(ていはつ)、受具した。翌年、韶州(しょうしゅう)(広東省)曹渓(そうけい)の宝林寺に住し、禅法を発揚し、多くの信奉者を得た。705年(神龍1)中宗(ちゅうそう)の招きにも病と称して行かず、先天2年8月3日新州にて寂した。説法集『六祖壇経』があり、その禅法は南頓(なんとん)(南宗の頓悟(とんご)禅)とよばれ、神秀(じんしゅう)の北漸(ほくぜん)(北宗の漸悟(ぜんご)禅)と並び称された。門人に南岳懐譲(なんがくえじょう)、青原行思(せいげんぎょうし)、南陽慧忠(なんようえちゅう)、司空本浄(しくうほんじょう)、荷沢神会(かたくじんね)などを輩出し、後の五家(ごけ)七宗はすべてこの門より発展した。[田中良昭]
『駒沢大学禅宗史研究会編『慧能研究』(1978・大修館書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の慧能の言及

【衣鉢】より

…日本で,茶道その他の諸芸の奥義を意味するのは,その転化である。インド仏教の戒律で,僧伽梨衣(普段着),鬱多羅僧(上衣),安陀衣(下着)という3種の袈裟(けさ)と,一つの鉢多羅,すなわち鉢盂(はつう)を所持することを認めたのが原義で,中国の禅宗では,五祖の法をつぐ神秀(じんしゆう)と慧能(えのう)がその衣鉢を争ったとされる。【柳田 聖山】。…

【題壁詩】より

…唐代詩人にも〈壁に題す〉と題がつけられているものが数多くあるが,すべて〈題壁詩〉である。初唐の人である慧能(えのう)(南宗禅の始祖)が,〈本来無一物〉の句を含む悟境を示す詩を題壁して,五祖弘忍(ぐにん)に認められ,ついに六祖の衣鉢を与えられたという《六祖壇経(ろくそだんきよう)》の話はよく知られている。【鈴木 修次】。…

※「慧能」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

慧能の関連キーワード神秀禅師馬祖道一普化暗証の禅師潙山六祖大鑑禅師大鑑禅師(慧能)大鑑禅師(清拙正澄)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

慧能の関連情報