神坂 松濤(読み)カミサカ ショウトウ

20世紀日本人名事典の解説

神坂 松濤
カミサカ ショウトウ

明治〜昭和期の画家



生年
明治15(1882)年

没年
昭和29(1954)年

出生地
京都府京都市

本名
神坂 弁之助

主な受賞名〔年〕
内国絵画共進会

経歴
菊池芳文に師事して日本画を学び、内国絵画共進会など各種の展覧会で受賞。一方、浅井忠に洋画を学び、工芸分野でも刺繡応用の原図制作や金唐革(きんからかわ)の復元制作に専念。また、親交のあった洋画家・須田国太郎の才能を早くから認め、東京・資生堂での初個展開催に尽力した。昭和61年京都国立近代美術館の特別展に、遺宅から発見された「暮れゆく街道」などが展示され、その異才ぶりが改めて注目された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android