コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅井忠 あさい ちゅう

10件 の用語解説(浅井忠の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

浅井忠

洋画家。東京生。木魚と号する。国沢新九郎の画塾彰技堂に入り、のち工部美術学校に入学する。堅実な写実に詩情のにじむ味わい深い画風を確立した。門下に梅原龍三郎安井曾太郎津田青楓等がいる。代表作に「春畝」「収穫」「旅順戦後の捜索」等がある。東美校・京都高等工芸学校教授。関西美術院院長。明治40年(1907)歿、51才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あさい‐ちゅう〔あさゐ‐〕【浅井忠】

[1856~1907]洋画家。江戸の生まれ。フォンタネージに師事。明治美術会を創立。褐色を主調とした穏和な写実主義の作風を示す。フランス留学から帰国後は京都に住み、後進の指導に尽力。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

浅井忠【あさいちゅう】

洋画家。江戸生れ。少年時代,佐倉藩の画家黒沼槐山について日本画を学んだ後,1875年国沢新九郎の彰技堂に入り,1876年工部美術学校に入学してフォンタネージの指導を受けた。
→関連項目石井柏亭梅原竜三郎水彩千葉県立美術館中村不折松岡寿安井曾太郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浅井忠 あさい-ちゅう

1856-1907 明治時代の洋画家。
安政3年6月21日生まれ。工部美術学校でフォンタネージに師事。明治22年明治美術会の創設に参加,「春畝(しゅんぽ)」などを発表。31年東京美術学校教授。フランス留学後の35年京都高等工芸教授。門下に安井曾太郎(そうたろう),梅原竜三郎らがいる。関西美術院初代院長。明治40年12月16日死去。52歳。江戸出身。号は木魚,黙語。作品はほかに「収穫」「グレーの秋」,著作に「木魚遺響」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

浅井忠

没年:明治40.12.16(1907)
生年:安政3.6.21(1856.7.22)
明治期の洋画家。佐倉藩士浅井常明の長男。江戸生まれ。幼名忠之丞,のち常保,明治1(1868)年ごろから忠。号に槐庭,木魚,黙語。幕末に佐倉藩の絵師黒沼槐山に花鳥画を学ぶ。明治6年上京し,箕作秋坪に英学を学ぶが,9年国沢新九郎の彰技堂に入り西洋画研究に転じた。同年創設の工部美術学校に入学,フォンタネージの指導を受け,画学生徒中最もよく師の作風を摂取した。同11年フォンタネージ帰国後同校を中退し,小山正太郎ら同志と十一会を結成し相互研鑽を重ねた。22年,小山,松岡寿らと日本初の洋風美術家団体明治美術会を結成,第1回展に「春畝」(東京国立博物館蔵)を,翌年の第2回展に「収穫」(東京芸大蔵)を発表。これらの作品は明治洋画を代表する秀作とされる。27年日清戦争に従軍,その取材による「旅順戦後の捜索」(東京国立博物館蔵)を翌年の第4回内国勧業博覧会に出品し,妙技2等賞を受けた。このころから,ジャーナリズムを中心に新帰国の黒田清輝らを新派とする論調がおこり,浅井や小山らは旧派と称された。31年その旧派を代表する形で東京美術学校(東京芸大)教授に就任する。33年からフランスへ留学,もっぱら自由研究を重ね,翌年秋から35年春の間は和田英作とグレーで制作に励み,「グレーの秋」(東京国立博物館蔵)などの佳作を生んだ。また,和田と共に『愚劣日記』を誌した。一方,パリ万国博でアール・ヌーボー様式に触れ,その影響は帰国後京都時代の工芸品などの図案に見出せる。35年に帰国,滞仏中からの中沢岩太の懇請に応じて,同年京都高等工芸学校(京都工芸繊維大学)教授に転じ東京を離れた。翌36年京都の自宅に聖護院洋画研究所を開き指導に当たり,39年に同研究所の発展解消の形で関西美術院が創設されると初代院長となった。京都時代の門下には安井曾太郎,梅原竜三郎も含まれる。38年,東宮御所造営に際し絵画制作を委嘱され,翌年「武士の山狩」を完成する。京都時代は油彩画の他,陶磁器や漆器,刺繍などの工芸図案にも親しんだ。

(三輪英夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

江戸・東京人物辞典の解説

浅井忠

1856〜1907(安政3年〜明治40年)【洋画家】詩情豊かに日本の自然を描写。 黎明期の明治洋画を指導した。明治期の洋画家。江戸の佐倉藩邸に生まれる。号は黙語(もくご)。国沢新九郎から洋画を学んだ後、新設の工部美術学校に入学、フォンタネージの指導をうけた。明治美術会を創立、東京美術学校教授となる。写実的な作風で「春畝(しゅんぼ)」「収穫」など明治洋画の代表的作品を残した。1900年(明治33)仏に留学、帰国後は京都高等工芸学校教授・関西美術院初代院長を務め、関西洋画壇の指導者としても活躍。門下から梅原竜三郎・安井曾太郎らが出た。

出典|財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あさいちゅう【浅井忠】

1856‐1907(安政3‐明治40)
洋画家。江戸木挽町に佐倉藩士の子として生まれた。号は槐庭,木魚,黙語。はじめ佐倉藩の南画家黒沼槐山に師事し,花鳥画を学ぶ。英学を修め,成島柳北に漢学を学んだのち,1876年洋画塾彰技堂に入って国沢新九郎の指導を受け(《門人帖》による),同年創立された工部美術学校に第1期生として入学しフォンタネージに師事した。フォンタネージの帰国後,後任フェレッティの教授に不満で,78年小山正太郎,松岡寿らとともに退学し,十一字会を結成し洋画研究をつづけるとともに東京師範学校の教壇に立った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あさいちゅう【浅井忠】

1856~1907) 洋画家。江戸の生まれ。号は黙語・木魚。フォンタネージに学び、詩情にじむ写実的画風を確立。1889年(明治22)明治美術会創設に参加。関西の勃興期洋風画の発展に貢献、多くの後進を育てた。代表作「収穫」「春畝しゆんぼう

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浅井忠
あさいちゅう

[生]安政3(1856).6.21. 江戸
[没]1907.12.16. 京都
明治の洋画家。槐庭,黙語,木魚と号した。江戸詰め佐倉藩士の子として生まれ,佐倉で藩の南画家黒沼槐山に日本画を学び,明治5 (1872) 年頃上京,英学,漢学を修めた。 1876年彰技堂で国沢新九郎に洋画を学び,工部美術学校入学後 A.フォンタネージの薫陶を受けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浅井忠
あさいちゅう
(1856―1907)

明治の洋画家。安政3年6月21日、江戸・木挽町(こびきちょう)の佐倉藩邸内に生まれる。7歳のとき父を失い家督を継ぎ佐倉に帰る。1872年(明治5)ふたたび上京、1875年国沢新九郎の彰技堂で西洋画の初歩を学ぶ。翌1876年工部美術学校が開設されるや、来任したイタリアの画家フォンタネージについて本格的な西洋画の指導を受けた。その師が病のため帰国すると、後任の教師を不満とし、同窓の小山正太郎、松岡寿(ひさし)らと連袂(れんべい)退学したことは、いかに彼がフォンタネージの画風と人格に傾倒していたかがわかる。1889年わが国最初の洋画美術団体、明治美術会を同志と創立、その展覧会に『春畝(しゅんぽ)』『収穫』などを発表。1894年には日清(にっしん)戦争に従軍。翌1895年京都における第4回内国勧業博覧会に出品して妙技二等賞を受けた『旅順戦後の捜索図』は、このとき題材を得たものである。
 1896年東京美術学校に西洋画科が新設され、フランスから帰国した黒田清輝(せいき)が教授に迎えられたが、1898年には浅井が明治美術会を代表して教授に推された。1900年(明治33)文部省からフランス留学を命ぜられ渡欧。このときパリ郊外のグレーで制作した風景画(とくに水彩画)は有名。1902年に帰国してからは京都に移り、新設の京都高等工芸学校(現京都工芸繊維大学)教授に任ぜられた。校務のかたわら聖護院(しょうごいん)洋画研究所(1903)および関西美術院(1906)を創立し、青年たちの美術指導にあたり、その膝下(しっか)から安井曽太郎(そうたろう)、梅原龍三郎(りゅうざぶろう)、津田青楓(せいふう)など多くの逸材が輩出した。画風は細やかな自然観照を基調とし、いたずらに西欧の流行を追うことなく、日本人の感覚を生かした洋画の制作に力を尽くした。黙語、木魚と号し、正岡子規、夏目漱石(そうせき)ら文人たちとも親交があった。明治40年12月16日没。墓は京都・金地院(こんちいん)にある。[永井信一]
『隈元謙次郎編著『浅井忠』(1970・日本経済新聞社) ▽『日本水彩画名作全集 1 浅井忠』(1982・第一法規出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の浅井忠の言及

【関西美術院】より

…京都の洋画教育機関。1902年に京都高等工芸学校教授に任ぜられた浅井忠は,翌03年,田村宗立,伊藤快彦,都鳥英喜らの協力を得て聖護院洋画研究所を開いて後進の育成に乗り出した。やがて住友家の補助などにより岡崎町に教場を新築し,06年,改めて関西美術院として発足した。…

【明治・大正時代美術】より

…一方,高橋の師川上冬崖や,横山松三郎(1838‐84),国沢新九郎(1847‐77)らも画塾を開いて,洋画研究の道を進めている(画学校)。 日本で最初の正則の西洋画教育を行った工部美術学校からは,フォンタネージの薫陶のもとに浅井忠,五姓田(ごせだ)義松,小山正太郎,松岡寿(ひさし)(1862‐1943),山本芳翠,中丸精十郎(1841‐96),高橋(柳)源吉(1858‐1913)ら明治中期を代表する洋画家が育った。フォンタネージはバルビゾン派の影響を受けた,イタリアでは一流の画家で,工部美術学校でもその画技と人格を敬愛されたが,78年脚気を病んでイタリアに帰る。…

※「浅井忠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

浅井忠の関連キーワード黒田重太郎浅井常次郎岡精一加藤源之助都鳥英喜西敬松井曻油井夫山渡部審也中林僲

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浅井忠の関連情報