コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内国絵画共進会 ないこくかいがきょうしんかい

世界大百科事典 第2版の解説

ないこくかいがきょうしんかい【内国絵画共進会】

1882年(明治15)と84年に開催された官営の展覧会。維新とそれに続く文明開化の風潮は,日本固有の美術を衰微させたが,やがて反省が起こり伝統保存の機運が高まった。端緒になったのは1877年に開催された内国勧業博覧会の成功と79年に創立した竜池会(古美術の鑑賞と調査のため,佐野常民らによって組織された)の運動であった。東京大学に招聘(しようへい)されたアメリカ人フェノロサが竜池会で講演し,洋画を排して日本画を尊重すべきことを説いたことが,その機運をいちじるしく助長した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の内国絵画共進会の言及

【美術展覧会】より

…日本画では,85年鑑画会第1回大会に新画を展示したのが早い例とされる。さて77年の第1回内国勧業博覧会で菊池容斎,滝和亭,高村光雲,五姓田義松,高橋由一らが受賞し,81年の第2回博覧会にも河鍋暁斎や滝和亭らと並んで洋画の高橋由一が受賞しているが,おりから国粋主義による洋風美術の排斥運動が勢いを強め,82年と84年に農商務省が主催した内国絵画共進会には,洋画の出品は許されなかった。その後,明治美術会や白馬会の展覧会,日本絵画協会の共進会などが定期的に開催されたが,1907年に文部省美術展覧会(文展)が開設されると,これが美術界の一つの大きな中心となり,第2次世界大戦後の日本美術展覧会(日展)までつながることになる。…

※「内国絵画共進会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

内国絵画共進会の関連キーワード歌川広近(2代)熊谷直彦(1)庄司 竹真高橋 玉淵神坂 松濤佐々木泉竜鈴木 松年狩野 探岳久保田米僊児玉 果亭酒井 道一川端 玉章川口月村前田貫業菊池芳文宮戸松斎高橋玉淵村瀬玉田鈴木瑞彦野口小蘋

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android