神宣(読み)しんせん

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐せん【神宣】

〘名〙 (「じんせん」とも) 神のお告げ。神託託宣
※続日本紀‐天平九年(737)一一月壬辰「自余族人連、為神宣也」
※故郷忘じがたく候(1968)〈司馬遼太郎〉「神宣するに、一行をまもるために白頭山から飛来したといった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android