コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神山郡廉 こうやま くにきよ

3件 の用語解説(神山郡廉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神山郡廉 こうやま-くにきよ

1829-1909 幕末-明治時代の武士,官僚。
文政12年1月生まれ。土佐高知藩士。大目付などをつとめ,慶応3年(1867)後藤象二郎(しょうじろう)が山内豊信(とよしげ)(容堂)に提出した大政奉還建白書に名をつらねた。維新後は和歌山県令,元老院議官などを歴任。明治23年貴族院議員。明治42年8月20日死去。81歳。通称は佐(左)多衛。姓は「かみやま」,名は「くにかど」ともよむ。

神山郡廉 かみやま-くにかど

こうやま-くにきよ

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

神山郡廉

没年:明治42.8.20(1909)
生年:文政12.1(1829)
幕末の土佐(高知)藩士,明治期の官僚,政治家。高知城下中島町生まれ。通称左多衛。文武に優れ,文久年(1861~64)中参政吉田東洋に抜擢され郡奉行,大目付を歴任。慶応2(1866)年,幕府の征長催促を拒絶する役目を果たした。3年10月,山内容堂(豊信)の大政奉還建白に後藤象二郎,福岡孝弟,寺村左膳らと連署した。維新政府の参与に任じられてより行政官弁事,議政官上局参与,刑法官副知事を歴任,廃藩置県後は長浜(滋賀)県,島根県の権令,和歌山県令を経て元老院議官,高等法院陪席判事を務め,20年男爵。23年貴族院議員に勅選され没年に至った。

(福地惇)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

神山郡廉の関連キーワードスバルレオポルド2世鶴屋南北俚言集覧ジェロニモ由利公正神山郡廉由利公正ジェロニモ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone