コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神憑り かみがかり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神憑り
かみがかり

神霊が人に乗移った状態をいう。日本を含む東アジア地域に普遍的なシャーマニズムの基本形態で,激しい動作を伴いながら神霊を乗移らせ,やがて忘我状態に陥って神の言葉 (神託あるいは託宣) を伝える。仏降ろしあるいは稲荷降ろしなどの口寄せがこれにあたり,現在でも民間信仰の一形態として各地に残っている。 (→憑依〈ひょうい〉 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

神憑りの関連キーワードダヴィッド ベネント倭迹迹日百襲姫命青柴垣神事神がかり神の使い荒神神楽湯立神事ひょう狂乱物イタコ神楽ユタ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android