コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神憑り(読み)かみがかり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神憑り
かみがかり

神霊が人に乗移った状態をいう。日本を含む東アジア地域に普遍的なシャーマニズムの基本形態で,激しい動作を伴いながら神霊を乗移らせ,やがて忘我状態に陥って神の言葉 (神託あるいは託宣) を伝える。仏降ろしあるいは稲荷降ろしなどの口寄せがこれにあたり,現在でも民間信仰の一形態として各地に残っている。 (→憑依〈ひょうい〉 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android