神戸峰男(読み)かんべ みねお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神戸峰男 かんべ-みねお

1944- 昭和後期-平成時代の彫刻家。
昭和19年8月10日生まれ。清水多嘉示,木下繁に師事。昭和45年「裸婦像」で日展中日賞,のち49年「裸婦」で日本彫塑展日彫賞,53年「裸婦―伸びゆく」で日展特選など受賞をかさねる。63年名古屋芸大教授。平成18年「長風」で日展文部科学大臣賞。20年「朝」で芸術院賞。24年芸術院会員。日展理事。岐阜県出身。武蔵野美大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android