神戸峰男(読み)かんべ みねお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神戸峰男 かんべ-みねお

1944- 昭和後期-平成時代の彫刻家。
昭和19年8月10日生まれ。清水多嘉示,木下繁に師事。昭和45年「裸婦像」で日展中日賞,のち49年「裸婦」で日本彫塑展日彫賞,53年「裸婦―伸びゆく」で日展特選など受賞をかさねる。63年名古屋芸大教授。平成18年「長風」で日展文部科学大臣賞。20年「朝」で芸術院賞。24年芸術院会員。日展理事。岐阜県出身。武蔵野美大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android