清水多嘉示(読み)しみずたかし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清水多嘉示
しみずたかし

[生]1897.7.27. 長野,諏訪
[没]1981.5.5. 東京
彫刻家。洋画家として出発し,二科展入選などのあと,23年渡仏し É.ブールデルに師事。 28年帰国。以後院展,国画会,春陽会に出品。そのブールデル風の造形は高く評価され,43年には文展審査員となり,第2次世界大戦後は日展を中心に活動した。 53年芸術選奨文部大臣賞,54年日本芸術院賞を受賞。 65年日本芸術院会員となり,69年勲三等瑞宝章,71年紺綬褒章を受章,80年には文化功労者となった。武蔵野美術大学教授。主要作品『海』 (1947,文部科学省) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

清水多嘉示【しみずたかし】

彫刻家。長野県生れ。初め油絵を描いたが,1923年―1928年滞仏してブールデルに彫刻を学んだ。安定した写実的表現の中に清冽(せいれつ)な気分を浮かび上がらせている。日展で活躍した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清水多嘉示 しみず-たかし

1897-1981 大正-昭和時代の彫刻家。
明治30年7月27日生まれ。フランスのブールデルに師事。帝国美術学校(現武蔵野美大)教授などをつとめ,院展,国画会展に出品し,新文展,日展の審査員となる。「青年像」で昭和29年芸術院賞。40年芸術院会員,55年文化功労者。昭和56年5月5日死去。83歳。長野県出身。旧制諏訪中学中退。作品に「裸婦」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しみずたかし【清水多嘉示】

1897~1981) 彫刻家。長野県生まれ。渡仏しブールデルに師事。武蔵野美大教授。作「男の坐像」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清水多嘉示
しみずたかし
(1897―1981)

彫刻家。長野県に生まれる。1919年(大正8)から23年まで毎年二科展に絵画を出品。23年渡仏、ブールデルに師事して彫刻を学び、サロン・ドートンヌに彫刻と絵画が入選。サロン・デ・チュイルリー会員、サロン・デ・ザンデパンダン会員となり、28年(昭和3)帰国後は院展、国展、春陽会展などに出品した。43年文展審査員となり、以後、文展、日展の審査員を務めた。52年(昭和27)サンパウロ・ビエンナーレ展に出品、芸術選奨文部大臣賞を受賞、65年日本芸術院会員、80年文化功労者となった。国際造形芸術連盟の創立に参加し同連盟執行委員となり、しばしば国際彫刻コンクールの審査員を務め、長く武蔵野(むさしの)美術大学教授として多くの後進を指導した。作品は長野県八ヶ岳(やつがたけ)美術館に収蔵。代表作に『男の坐像(ざぞう)』『緑のリズム』などがある。[三木多聞]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の清水多嘉示の言及

【明治・大正時代美術】より

…26年斎藤素巌(そがん)(1889‐1974),日名子実三(ひなこじつぞう)(1893‐1945)らは,建築と彫刻の結びつきを主張して構造社を結成する。また同年,国画創作協会に彫刻が加わったとき,ブールデルに学んで帰国した金子九平次(くへいじ)(1895‐1968)が中心となったが,28年に同会が国画会に改組すると,高村光太郎,清水多嘉示(たかし)(1897‐1981),高田博厚(ひろあつ)(1900‐87)らが加わった。さらに,39年国画会彫刻部は解散するが,36年に結成された新制作派協会に,新進の本郷進,柳原義達,佐藤忠良(ちゆうりよう),舟越保武らが結集する。…

※「清水多嘉示」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android