神永昭夫(読み)かみなが あきお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神永昭夫 かみなが-あきお

1936-1993 昭和後期-平成時代の柔道選手,指導者。
昭和11年12月22日生まれ。富士製鉄(現新日鉄)にはいり,昭和35,36,39年全日本選手権で優勝。柔道が五輪種目となった39年東京五輪の無差別級ヘーシンクに敗れ,銀メダル。引退後,五輪コーチなどをつとめ,63年全日本柔道連盟専務理事。平成5年3月21日死去。56歳。宮城県出身。明大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神永昭夫の関連情報