コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神田駿河台 かんだするがだい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神田駿河台
かんだするがだい

東京都千代田区北部にある JR御茶ノ水駅南方一帯の地区。標高約 17mの台地で,徳川家康入府以前は神田山または神田台といった。地名は駿府の武士を住まわせたことに由来。江戸時代は旗本屋敷が多く,見晴らしがよいため定火消屋敷が設置された。江戸時代初期にこの台地を切りくずし,現在の日本橋から新橋一帯を埋立てて市街地造成。明治以後,武家屋敷跡に学校,病院,書店が集中。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

神田駿河台の関連キーワードイーブックイニシアティブジャパンキョーリン製薬ホールディングスユポ・コーポレーション富士バイオメディックスアークランドサービス御茶の水・御茶ノ水日本製紙パピリア日新火災海上保険明治大学博物館丸紅エネルギータケミヤ画廊日本出版販売日本製紙木材日本BS放送山の上ホテル服部 広太郎高砂熱学工業本田 あふひ羽田武嗣郎ニチイ学館

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神田駿河台の関連情報