コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定火消 じょうびけし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

定火消
じょうびけし

火消役ともいう。江戸幕府職名。江戸市内の防火,警備を司り,若年寄の支配下にあった。役料 300人扶持,与力6騎,同心 30人を配下においた。万治1 (1658) 年,初めて4組をおき,元禄8 (95) 年には 15組にふえ,宝永1 (1704) 年には 10組に減じた。大名火消,ことに町火消の整備に伴い,その後漸次活気を失い,寛政4 (92) 年以降は出動も限られ,消火範囲も小さくなった。安政6 (1859) 年には8組に,慶応2 (66) 年には4組となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

定火消【じょうびけし】

江戸幕府の職名。火消の一つ。明暦の大火後の1658年に従来の大名火消のほかに設けられ,江戸市中の消防と非常警備を行った。初め4組で,一時15組となったが,1704年以後10組の組織が確立し〈十人火消〉といわれた。
→関連項目町火消

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

定火消
じょうびけし

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の定火消の言及

【火消】より

…これを各自火消といい,三町火消,近所火消ともよんだ。
[定火消]
 明暦の大火により大名火消程度では対応できないことを痛感した幕府は,その翌年の1658年(万治1)定火消を創設した。4名の旗本に火消屋敷を与え,火消人足を抱えるための役料三百人扶持を給し,与力6名,同心30名をそれぞれ付属させた。…

※「定火消」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

定火消の関連キーワード河鍋暁斎(かわなべきょうさい)歌川広重(初代)歌川広重(2代)新門辰五郎神田駿河台火消し同心安藤広重町火消し朽木直綱津田玄蕃消防制度天野八郎火消し組歌川広重火消し役火の見櫓出初式火消し寄合

定火消の関連情報