神谷武蔵(読み)かみや たけぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神谷武蔵 かみや-たけぞう

?-1758 江戸時代中期の庄屋。
筑前(ちくぜん)(福岡県)鞍手郡の西部26ヵ村の大庄屋,のち4郡大庄屋の総取締となる。山口川の改修や鶴ケ谷溜池の開削などにつくした。のち村民をすくうため諸拝借切り捨てを福岡藩にねがいでてとがめられ,宝暦8年1月切腹を命じられた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android