コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神酒亭跡彦 みきてい あとひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神酒亭跡彦 みきてい-あとひこ

?-? 江戸時代後期の狂歌師。
文化-文政(1804-30)ごろの人。江戸谷中にすむ。小金厚丸と交遊し,菅江(かんこう)側の判者となる。姓は橘(たちばな)。通称は角兵衛。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

神酒亭跡彦の関連キーワード干渉(波)傷害保険オーバーヘッドアプローチ全天カメラ満文老檔ヤシ経度マルクスアウレリウスアントニヌス干渉縞ターンタイプ