コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文章題 ブンショウダイ

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんしょうだい【文章題】

算術,算数または数学における問題の出題形式の一種。問題の条件,設問などが全部文章の形になっているものをいう。文章の中に(数値以外の)数式,不等式,等式などが含まれるものは文章題ではない。算術には鶴亀算,仕事算,植木算など,よく知られた文章題の型があるが,一般に応用問題は文章題であるのがふつうである。例えば,次の問題は文章題であり,本質的には鶴亀算である。〈50円硬貨と10円硬貨合わせて10枚あり,その金額は180円であるという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぶんしょうだい【文章題】

文章で書かれた算数・数学の応用問題。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

文章題の関連キーワード算数教育旅人算立式

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文章題の関連情報