コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角兵衛 カクベエ

デジタル大辞泉の解説

かく‐べえ〔‐ベヱ〕【角衛】

角兵衛獅子」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かくべえ【角兵衛】

歌舞伎舞踊。常磐津・長唄掛合。本名題《后の月酒宴島台(のちのつきしゆえんのしまだい)》。作詞2世瀬川如皐(じよこう)で,常磐津は3世岸沢式佐,長唄は10世杵屋(きねや)六左衛門の作曲。振付藤間大助(2世勘十郎)。初春に越後から来た角兵衛獅子と,江戸の女太夫を対照させた踊り。1828年(文政11)9月江戸中村座初演。角兵衛は2世中村芝翫(しかん)(のちの4世歌右衛門),女太夫は5世瀬川菊之丞が演じた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かくべえ【角兵衛】

「角兵衛獅子かくべえじし」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

角兵衛
かくべえ

歌舞伎(かぶき)舞踊。常磐津(ときわず)・長唄(ながうた)掛合い。本名題(ほんなだい)『后の月酒宴島台(のちのつきしゅえんのしまだい)』。2世瀬川如皐(じょこう)作詞、3世岸沢式佐(しきさ)・4世杵屋(きねや)三郎助作曲。市山七十郎(なそろう)・藤間大助・松本五郎市振付け。1828年(文政11)9月、江戸・中村座で2世中村芝翫(しかん)(4世歌右衛門(うたえもん))の角兵衛、5世瀬川菊之丞(きくのじょう)の女太夫(おんなだゆう)により初演。大道芸人の角兵衛獅子(じし)に鳥追いの女太夫が絡むもので、「新発田(しばた)五万石……」の松坂節、団扇(うちわ)太鼓の題目(だいもく)踊り、越後(えちご)七不思議の踊りなどが眼目。角兵衛の野趣に鳥追いの吉原情緒を対照させた内容で、曲も振りも軽妙洒脱(しゃだつ)な作である。現在は常磐津だけで踊られるが、曲は長唄にも残る。また、初演のときは『舌出し三番(さんば)』から引き抜く趣向で、三番叟(さんばそう)から変わる角兵衛、千歳(せんざい)から変わる鳥追いのほか、翁(おきな)が勇み男に引き抜いて登場したが、のち省略されるのが例になった。別曲に、『仮名手本忠臣蔵』十一段返しの所作事のうち、五段目にあたる長唄『角兵衛』(1847)がある。[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の角兵衛の言及

【長唄】より

…この期には俳優にも3世坂東三津五郎,3世中村歌右衛門など兼ねる役者に名人が現れ,変化物(へんげもの)舞踊が流行した結果,長唄も短編ではあるが変化物に《越後獅子》《汐汲(しおくみ)》《小原女(おはらめ)》などの傑作が生まれた。また,伴奏音楽の面でも変化の妙を示そうとして豊後節系浄瑠璃(常磐津,富本,清元)と長唄との掛合が流行したのもこのころで,《舌出三番叟(しただしさんばそう)》《晒女(さらしめ)》《角兵衛》などが掛合で上演された。さらにこの時代には,舞踊の伴奏音楽という制約から離れた鑑賞用長唄(お座敷長唄)が誕生した。…

※「角兵衛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

角兵衛の関連キーワード吉住 小三郎(3代目)伊達林右衛門(初代)伊達林右衛門(3代)飛騨屋久兵衛(初代)栖原角兵衛(5代)栖原角兵衛(7代)栖原角兵衛(9代)瀬川如皐(2代)瀬川如皐(2世)岸沢式佐(5世)岸沢式佐(5代)栖原三郎兵衛山岡角兵衛月潟〈村〉神酒亭跡彦飯田覚兵衛越後獅子加納久通練れける鞍馬天狗

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

角兵衛の関連情報