コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

満文老檔 まんぶんろうとうMan-wen lao-dang; Man-wên lao-tang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

満文老檔
まんぶんろうとう
Man-wen lao-dang; Man-wên lao-tang

中国,清朝初期の太祖ヌルハチ (奴児哈赤) ,太宗ホンタイジ (皇太極) 時代について満州語で書かれた記録。 180巻 180冊。本来の題名は『無圏点文字の 檔子』あるいは『有圏点文字の 檔子』と満州語で題されているだけであり,この書物を発見した内藤虎次郎により『満文老 檔』と命名されて以来,これが通称となった。明の万暦 35 (1607) 年から清の崇徳1 (36) 年に及ぶ間が 180冊に書かれており,実録の草稿となったその内容は清初史の貴重な記録である。しかし,『満文老 檔』は乾隆 40 (1775) 年頃に『満文原 檔 (旧満州 檔) 』を整理したものであり,そのオリジナルテキストの『満文原 檔』の行くえが捜し求められていたが,1969年台北の国立故宮博物院から『旧満州 檔』の題名で影印された。両者を対校すると『老 檔』は『原 檔』をところどころ修正したものをさらに編纂したものであり,また『老 檔』で欠けている部分が『原 檔』にあるなど新事実が続出し,今後の『満文老 檔』の研究には『旧満州 檔』との対照が欠くべからざるものとなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まんぶんろうとう【満文老檔 Mǎn wén lǎo dàng】

1607年(万暦35)にはじまり36年(崇徳1)に至る,清の太祖・太宗2代の事跡を,満州語で,編年体で詳細に記録した文書。内藤湖南が1905年奉天故宮の崇謨閣で発見し学界に紹介した。180巻180冊。〈満文老檔〉とは便宜的呼称で,本当の書名は〈圏点なき文字の檔子〉および〈圏点を置いた文字の檔子〉という。《満文老檔》のもとの文書は《旧満州檔》といわれるもので,もと北京の故宮博物院文献館に保管され,現在は台湾の故宮博物院に保存されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

満文老檔の関連キーワードシュルガチ(速児哈赤)藤岡勝二満州実録

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android