コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

票田 ひょうでん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

票田
ひょうでん

候補者にとって票を獲得できる有権者が多く居住する地域のこと。候補者に投じられる有権者の票を,収穫すべきの稲にたとえて表現したもの。ある候補者にとって多くの票が入りそうな支持者が集中する地域を,その候補者の票田という。またときには,どの候補者にとっても票が入りうる人口の多い地域も票田と呼ぶこともある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひょう‐でん〔ヘウ‐〕【票田】

選挙で、ある候補者に多数得票が見込まれる地域を田に見立てていう語。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひょうでん【票田】

選挙で、得票の多い地域。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

票田の関連キーワード米大統領選挙(2016)日本遺族会浮動票散蒔き選挙

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

票田の関連情報