票田(読み)ひょうでん

精選版 日本国語大辞典 「票田」の意味・読み・例文・類語

ひょう‐でん ヘウ‥【票田】

〘名〙 選挙で、ある候補者への大量得票が予想される地域田地にたとえていう語。
吉里吉里人(1981)〈井上ひさし〉一三「農村はいつも政府与党の票田(ヒョウデン)でいなくてはいけませんよ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「票田」の意味・読み・例文・類語

ひょう‐でん〔ヘウ‐〕【票田】

選挙で、ある候補者に多数の得票が見込まれる地域を田に見立てていう語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「票田」の意味・わかりやすい解説

票田
ひょうでん

候補者にとって票を獲得できる有権者多く居住する地域のこと。候補者に投じられる有権者の票を,収穫すべき田の稲にたとえて表現したもの。ある候補者にとって多くの票が入りそうな支持者が集中する地域を,その候補者の票田という。またときには,どの候補者にとっても票が入りうる人口の多い地域も票田と呼ぶこともある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

脂質異常症治療薬

血液中の脂質(トリグリセリド、コレステロールなど)濃度が基準値の範囲内にない状態(脂質異常症)に対し用いられる薬剤。スタチン(HMG-CoA還元酵素阻害薬)、PCSK9阻害薬、MTP阻害薬、レジン(陰...

脂質異常症治療薬の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android