コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祭頭祭 さいとうさい

1件 の用語解説(祭頭祭の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

祭頭祭
さいとうさい

茨城県鹿嶋市鹿島神宮3月9日に行なわれる春祭り。夜には春季祭がある。奈良時代防人が任地に赴く際の旅立ちと無事帰還の様子にちなむといわれ,当日午後,月読社(つきよみのやしろ)と年社(としのやしろ)への参拝後,甲冑姿で肩車された新発意(しんぽち)または大総督と呼ばれる 5歳前後の男児を先頭に,派手な衣装の若者たちが,カシの木の六尺棒を激しく打ち合わせて町中を練り歩く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

祭頭祭の関連キーワード鹿島神宮宝物館茨城県鹿嶋市下津茨城県鹿嶋市和茨城県鹿嶋市宮中茨城県鹿嶋市新浜茨城県鹿嶋市須賀茨城県鹿嶋市角折茨城県鹿嶋市中茨城県鹿嶋市林茨城県鹿嶋市光

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

祭頭祭の関連情報