コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南郷 なんごう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南郷
なんごう

宮城県北東部,美里町南東部の旧町域。鳴瀬川下流左岸にある。 1954年町制。 2006年小牛田町と合体して美里町となる。北東部はかつての名鰭沼 (なびれぬま) であったが,1947年に干拓された。仙北平野の代表的な水田地帯。米作のほか施設園芸が行なわれる。

南郷
なんごう

宮崎県南部,日南市南部の旧町域。日南海岸の中部に位置し,日向灘に面する。1940年町制。1956年榎原村の一部を編入。2009年日南市,北郷町と合体して日南市となった。江戸時代飫肥藩領。丘陵性の山地が過半を占め,中央を潟上川が流れる。産業の中心は水産業でカツオマグロ水揚げが多い。目井津港がその基地で,南部の外浦港は良港であったが江戸時代に一部が埋め立てられた。虚空蔵島(こくぞうじま)の亜熱帯林は国指定天然記念物。海岸部一帯は日南海岸国定公園に属する。

南郷
なんごう

青森県南東部,岩手県境の山地にある八戸市南部の旧村域。 1957年中沢村,島守村の2村が合体して南郷村が成立。 2005年八戸市に編入。リンゴタバコ,ソバを産し,酪農も行なわれる。

南郷
なんごう

福島県南西部,南会津町北西部の旧村域。只見川の上流伊南川流域に位置する。 1955年大宮村,富田村が合体して成立。 2006年田島町,舘岩村,伊南村と合体して南会津町となった。大部分が山地であるが,米作と野菜・花卉の栽培が盛ん。伊南川の漁具を集めた奥会津南郷民俗館や,宮床湿原などがあり,冬はスキー客が多い。

南郷
なんごう

宮崎県中北部,美郷町西部の旧村域。小丸川の上流域にある。 2006年西郷村,北郷村と合体して美郷町となる。江戸時代は延岡藩領。大部分が山林で,木材,シイタケを産する。南部の小丸川支流の渡川 (どかわ) に渡川ダムと発電所がある。神門神社本殿は国指定重要文化財

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

なんごう【南郷】

福島の日本酒。酒名は、蔵が旧茨城街道の奥州最南端に位置し、この地方が「南郷」と呼ばれていたことにちなみ命名。大吟醸酒純米吟醸酒、吟醸酒、純米酒、本醸造酒がある。平成2年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦、五百万石アケボノなど。仕込み水久慈川の伏流水。蔵元の「藤井酒造店」は天保4年(1833)創業。所在地は東白川郡矢祭町戸塚。

出典|講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

南郷の関連情報