コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

禅蔵尼 ぜんぞうに

1件 の用語解説(禅蔵尼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

禅蔵尼 ぜんぞうに

?-? 6世紀末ごろの尼僧。
渡来した漢人夜菩の娘。敏達(びだつ)天皇13年(584)善信尼,恵善尼とともに高句麗(こうくり)(朝鮮)の僧恵便(えべん)のもとで出家。日本最初の尼のひとりとなる。崇峻(すしゅん)天皇元年(588)善信尼らとともに百済(くだら)(朝鮮)にわたって戒律をまなび,帰国後は大和桜井寺にすむ。俗名は豊女(とよめ),等已売(といめ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の禅蔵尼の言及

【尼】より

…男僧と尼僧とによって奉祀される寺院があり,長野市善光寺は大勧進と大本願とからなり,前者は男僧,後者は尼僧で旧華族から選ばれ,尼公と尊敬される。 日本の尼のはじまりは,584年に蘇我馬子が出家させた司馬達等の娘善信尼とその弟子禅蔵尼・恵善尼の3人であった。彼女らは百済にわたって戒法を学び,590年に帰国して,桜井寺に住した。…

※「禅蔵尼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

禅蔵尼の関連キーワード漢氏グプタ朝善信尼対馬音渡来人佐伯丹経手善徳尼迹見赤檮法明尼(1)妙光

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone