コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

禅蔵尼 ぜんぞうに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

禅蔵尼 ぜんぞうに

?-? 6世紀末ごろの尼僧。
渡来した漢人夜菩の娘。敏達(びだつ)天皇13年(584)善信尼,恵善尼とともに高句麗(こうくり)(朝鮮)の僧恵便(えべん)のもとで出家。日本最初の尼のひとりとなる。崇峻(すしゅん)天皇元年(588)善信尼らとともに百済(くだら)(朝鮮)にわたって戒律をまなび,帰国後は大和桜井寺にすむ。俗名は豊女(とよめ),等已売(といめ)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の禅蔵尼の言及

【尼】より

…男僧と尼僧とによって奉祀される寺院があり,長野市善光寺は大勧進と大本願とからなり,前者は男僧,後者は尼僧で旧華族から選ばれ,尼公と尊敬される。 日本の尼のはじまりは,584年に蘇我馬子が出家させた司馬達等の娘善信尼とその弟子禅蔵尼・恵善尼の3人であった。彼女らは百済にわたって戒法を学び,590年に帰国して,桜井寺に住した。…

※「禅蔵尼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報