コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恵善尼 えぜんに

2件 の用語解説(恵善尼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

恵善尼 えぜんに

?-? 6世紀後半の尼僧。
錦織壺(にしごりの-つふ)の娘。敏達(びだつ)天皇13年(584)豊女(とよめ)(禅蔵尼)とともに善信尼の弟子として,高句麗(こうくり)(朝鮮)の僧恵便について出家。日本最初の尼僧のひとりとなる。崇峻(すしゅん)天皇元年他のふたりの尼と百済(くだら)(朝鮮)にいき正式に受戒。帰国後大和(奈良県)桜井寺(豊浦(とゆら)寺)にはいった。俗名は石女(伊志売)(いしめ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

恵善尼

生年:生没年不詳
6世紀後半,日本で最初に出家した女性のひとり。錦織壺の娘。俗名石売(伊志売)。敏達13(584)年,鞍部司馬達等の娘善信尼が出家したときに,弟子として禅蔵尼と共に3名で出家した。蘇我馬子の請により桜井道場に住んだが,破仏の難にあい,海石榴市(桜井市)で禁固,鞭打ちの迫害を受けた。馬子が天皇に願い出,再び道場に帰った。のち三尼は戒師による受戒を希望し,崇峻1(588)年の百済使帰国に従って渡海し,大戒を受け,崇峻3年(『元興寺縁起』による)に帰国した。三尼の請により馬子は法師寺(法興寺,元興寺,飛鳥寺とも)を建立する。三尼の寺は,のち豊浦寺(建興寺とも)に発展した。

(松木裕美)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の恵善尼の言及

【尼】より

…男僧と尼僧とによって奉祀される寺院があり,長野市善光寺は大勧進と大本願とからなり,前者は男僧,後者は尼僧で旧華族から選ばれ,尼公と尊敬される。 日本の尼のはじまりは,584年に蘇我馬子が出家させた司馬達等の娘善信尼とその弟子禅蔵尼・恵善尼の3人であった。彼女らは百済にわたって戒法を学び,590年に帰国して,桜井寺に住した。…

※「恵善尼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

恵善尼の関連キーワード尼法師一番子一番槍一着摂関時代尼僧歴史時代漢人夜菩禅鑑(1)善徳尼

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone