コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福原百之助(5代) ふくはら ひゃくのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福原百之助(5代) ふくはら-ひゃくのすけ

1884-1962 大正-昭和時代の歌舞伎囃子(はやし)方。
明治17年7月11日生まれ。2代宝山左衛門(たから-さんざえもん)に師事して笛,鼓をまなぶ。大正6年5代百之助を襲名。篠笛譜を考案し,陰囃子の記録「黒美寿(くろみす)」をのこす。晩年は東京芸大講師。昭和37年11月26日死去。78歳。東京出身。本名は若林市太郎。前名は福太郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

福原百之助(5代)の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android