コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェコ文学 チェコぶんがく Czech literature

2件 の用語解説(チェコ文学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェコ文学
チェコぶんがく
Czech literature

チェコ語で書かれた文学作品の総称。チェコを構成するボヘミアモラビアチェコ語圏は,1918年にチェコスロバキアとして独立するまで,長い間ハプスブルク家の支配下にあった。このため,チェコにおける文学の発展は民族のアイデンティティ維持の努力と連動している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チェコ文学
ちぇこぶんがく

主として古代スラブ語とチェコ語で書かれた文学で、18世紀を境に古代チェコ文学と現代チェコ文学に分けられる。また、18世紀以後にスロバキア文学が別れた。[千野栄一]

古代チェコ文学

チェコの地での最初の文献は、後の文献に反映されている口承文学を別にすれば、大モラビア国の時代にチェコにもたらされたキリロス(キリル、コンスタンティノス、826―869)とメトディオス(815/820―885)によるグラゴル文字で書かれた文献で、860年代のものである。これは古代スラブ語で書かれ、そのほとんどが聖書を中心とするギリシア語からの翻訳で、その後『キリロス伝』『メトディオス伝』などのオリジナルな作品が出ている。この大モラビア国での古代スラブ語文学はプシェミスル朝時代にも継承され、そこでは「主よ、われらをいつくしみ給え」のような歌を残している。この後、教会と教養人の文語がラテン語となり、『コスマスの年代記』などが出現する。また、13世紀末からは古代チェコ文学がおこり、14世紀には古代チェコ文学の開花期を迎える。このころの作品には、『アレクサンドロス伝説』、作者未詳の詩による『ダリミルの年代記』、クラレットKlaret(1320ころ―70ころ)作の『辞典』、詩による劇『膏薬(こうやく)売り』などがある。
 14世紀末から15世紀にはチェコ語によるチェコ文学と、ラテン語によるチェコ文学が競合してイデオロギーの武器となり、宗教改革者のヤン・フス(1369―1415)の時代には『誰(たれ)ぞ神の兵士か』という軍歌や、『説話集』などの作品が生まれている。
 チェコ文学の確立に大きな功績を残したのはヤン・ブラホスラフJan Blahoslav(1523―71)の『文法』と、ヤン・フスの流れをくむ新教の同胞教団の『クラリツェ聖書』であるが、この後、チェコ語の文学とラテン語の文学が並立し、前者の代表はヤン・アーモス・コメンスキー(ラテン名コメニウス、1592―1670)、後者の代表はボフスラフ・バルビーンBohuslav Balbn(1621―88)である。[千野栄一]

現代チェコ文学

1770年代からのチェコ文学はいわゆる民族復興の時代に入り、文献学者の活躍する時代を経て詩聖カレル・ヒネック・マーハ(1810―36)の『五月(マーイ)』が出てくる。19世紀中ごろには国民文学の名の高い『おばあさん』で知られる女性作家ボジェナ・ニェムツォバー(1820―62)やフォークロア文学のカレル・ヤロミール・エルベン(1811―70)が輩出し、年報『マーイ』を中心に集まったマーイ派、雑誌『ルミール』に拠(よ)ったルミール派に属する数多くの文人が登場する。そのなかでは社会的詩人ヤン・ネルダ(1834―91)、詩人スバトプルク・チェフ(1846―1908)が有名で、一方ではカレル・バーツラフ・ライスKarel Vclav Rais(1859―1926)らの自然主義散文作家も出てくる。
 1890年代から第一次世界大戦までのチェコ文学では歴史小説家のアロイス・イラーセク(1851―1930)、進歩的詩人S・K・ノイマン(1875―1947)、批評家F・X・シャルダFrantiek Xavier alda(1867―1937)がとくに有名で、このあと両世界大戦間期の最盛期がくる。この時期の作家では国際的に有名なカレル・チャペック(1890―1938)、ヤロスラフ・ハシェク(1883―1923)、ブラジスラフ・バンチュラVladislav Vanula(1891―1942)、詩人では1984年チェコ人としては初のノーベル文学賞を受賞したヤロスラフ・サイフェルト(1901―86)、ビーチェスラフ・ネズバル(1900―58)などの活躍が目だつ。
 第二次世界大戦後の社会主義時代では詩人でブラジミール・ホラン(1905―80)、フランチシェク・フルビーン(1910―71)、小説家ではイワン・オルブラフトIvan Orbracht(1882―1952)、ラジスラフ・フックスLadislav Fuks(1923―94)らが出たが、やがて社会主義の偏向をとがめるミラン・クンデラ(1929― )、ルドビーク・バツリークLudvK Vaculk(1926― )、ボフミル・フラバル(1914―97)らが名作を発表する。このうちクンデラはやがてフランスへと出国を余儀なくされたが、その作品はチャペックとともに数多くの邦訳がある。1970年代にはフラバルとオタ・パベル(1930―73)が読まれ、またヨゼフ・シクボレッキーJosef kvoreck(1924― )も読まれている。1989年のビロード革命(同年の共産党政権崩壊)以後にはカトリックの詩人や作家のものも再登場し、その代表は詩人ヤン・ザフラドニーチェクJan Zahradnek(1924―60)、散文も書いたヤロスラフ・ドゥリフJaroslav Durych(1886―1962)である。またユダヤ系の作家が再評価され、リハルト・バイネルRichard Weiner(1884―1937)、アビグドル・ダガンAvigdor Dagan(ビクトル・フィシュルViktor Fischl、1912― )の作品も浮上してきており、ドイツ語で書かれたプラハの文学の研究も盛んである。
 1990年代にもっとも活躍したのはアビグドル・ダガンで、短編を中心に数多くの作品を発表、代表作には『宮廷の道化師たち』、短編集『エルサレムのカフカ』などがある。若手の作家にはミハル・ビーベグMichal Viewegh(1962― )、ヤーヒム・トポルJchym Topol(1962― )などがいる。
 日本におけるチェコ文学の受容は第二次世界大戦が終わるまで、英語あるいはドイツ語を通して細々と行われていたにすぎず、それもチャペックの『R・U・R』(通称『ロボット』)や『虫の生活』などの劇作品、ハシェクの『善良なる兵士シュベイクの冒険』にほぼ限られていた。戦後もその傾向は続き、チャペックの童話『長い長いお医者さんの話』と園芸随筆『園芸家の12カ月』が好評を博している。
 1970年代からチェコ語からの翻訳がなされるようになり、とくに90年代には数多くのチャペック作品、それにクンデラのほぼ全作品が訳され、なかでもチャペックの愛犬随筆『ダーシェンカ』と、映画化されてもいるクンデラの『存在の耐えられない軽さ』は広く読者に受け入れられている。そのほかの作家の作品も次々と訳され始めており、パベルの『美しい鹿の死』などがその一例である。[千野栄一]
『大竹国弘著『チェコスロバキアの民話』(1980・恒文社) ▽ミラン・クンデラ著、関根日出男・中村猛訳『冗談』(1992・みすず書房) ▽伊東孝之ほか監修『東欧を知る事典』(1993・平凡社) ▽カレル・チャペック著、保川亜矢子訳『ダーシェンカ』(1998・メディアファクトリー) ▽オタ・パヴェル著、千野栄一訳『美しい鹿の死』(2000・紀伊國屋書店) ▽ミラン・クンデラ著、千野栄一訳『存在の耐えられない軽さ』(集英社文庫) ▽カレル・チャペック著、千野栄一訳『ロボット(R・U・R)』(岩波文庫) ▽カレル・チャペック著、中野好夫訳『長い長いお医者さんの話』(岩波少年少女文庫) ▽カレル・チャペック著、小松太郎訳『園芸家12カ月』(中公文庫) ▽ヤロスラフ・ハシェク著、栗栖継訳『兵士シュヴェイクの冒険』全4巻(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チェコ文学の関連キーワードチェコチェコ語チェコ事件チェコスロバキアドブロフスキーマーハモラバチェコスロバキア共産党英文学イラーセク

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チェコ文学の関連情報