コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリュフォー Truffaut, François

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリュフォー
Truffaut, François

[生]1932.2.6. パリ
[没]1984.10.21. ヌイイシュルセーヌ
フランスの映画監督,映画評論家。生後まもなく両親が離婚し,叔母のもとで育つ。初等教育を終えると工場で働き始めるが長続きせず職を転々とする。少年時代から映画を愛好し,15歳のときにシネクラブを主催,映画評論家アンドレ・バザンと出会う。兵役後の 1950年頃からバザンの紹介で『カイエ・デュ・シネマ』『アール』誌の映画欄を担当。フランス映画の巨匠たちを辛辣に批評し「フランス映画の墓堀人」とあだ名される。この頃から映画制作に乗リ出し,1954年に 16mm短編『ある訪問』Une visiteを監督。1956年にはロベルト・ロッセリーニの助手を務め,1957年制作会社レ・フィルム・デュ・キャロッスを設立し,初の 35mm短編『あこがれ』Les mistons(1958)を発表。1959年には少年時代の体験に基づく自伝的初長編『大人は判ってくれない』 Les Quatre Cents Coupsでカンヌ国際映画祭監督賞を受賞。ジャン=リュック・ゴダールと並んでヌーベルバーグの寵児となる。次作の『突然炎のごとく ジュールとジム』Jules et Jim(1962)以降はほぼ 1年に 1作のペースで作品を発表し,国際的な名声を不動のものとする。ほかに『二十歳の恋』Antoine et Colette(1962),『夜霧の恋人たち』Baisers volés(1968),『家庭』 Domicile conjugale(1970),『逃げ去る恋』L'Amour en Fuite(1978)などの『大人は判ってくれない』の少年ドワネルの成長を追うシリーズ,『アメリカの夜』La nuit Américaine(1973。アカデミー賞外国語映画賞),『トリュフォーの思春期』L'Argent de poche(1976),『日曜日が待ち遠しい!』Vivement dimanche(1982)など。著書に尊敬する映画監督アルフレッド・ジョーゼフ・ヒッチコックへのインタビューをまとめた『映画術』 Le cinéma selon Alfred Hitchcock(1966)がある。また俳優としてスティーブン・スピルバーグ監督の『未知との遭遇』Close Encounters of the Third Kind(1977)などにも出演している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

トリュフォー(François Truffaut)

[1932~1984]フランスの映画監督。長編第1作「大人は判ってくれない」でヌーベルバーグ代表者の一人となる。多彩な作風で愛のテーマを追求。他に「突然炎のごとく」「恋のエチュード」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

トリュフォー

フランスの映画監督。パリ生れ。15歳の時シネクラブを主宰。映画批評家A.バザンと知り合い,のち《カイエ・デュ・シネマ》誌などで映画批評を手がける。自伝的な長編第1作《大人は判ってくれない》(1959年)がカンヌ国際映画祭監督賞を受賞,ヌーベル・バーグの旗手として脚光を浴びる。
→関連項目ゴダールドヌーブベルモンドモローローグ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トリュフォー【François Truffaut】

1932‐84
フランスの映画監督。映画作家・理論家のアレクサンドル・アストリュックは,トリュフォーを〈愛のシネアスト〉と定義した。トリュフォー自身,彼の映画の〈愛〉のモティーフを〈女と子どもと書物〉だと語っていて,たとえば〈女への愛〉は代表作の一つとされる《突然炎のごとく》(1961)や《恋のエチュード》(1971)や《隣の女》(1981)に,〈子どもへの愛〉は最初の長編であり映画史上稀有(けう)な自伝的シリーズ〈アントアーヌ・ドワネルもの〉の第1作ともなる《大人は判ってくれない》(1959)や《野性の少年》(1969)や《トリュフォーの思春期》(1976)に,〈書物への愛〉は《華氏451》(1966)に端的に表れ,そしてそれらすべてを貫いているのが《アメリカの夜――映画に愛をこめて》(1973)で直接的に表現されていたように,〈映画への愛〉といえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

トリュフォー【François Truffaut】

1932~1984) フランスの映画監督。評論・短編演出を経て「大人は判ってくれない」でヌーベル-バーグを先導。「柔らかい肌」「夜霧の恋人たち」「アメリカの夜」「思春期」「隣の女」と、作品に愛の主題を貫く。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トリュフォー
とりゅふぉー
Franois Truffaut
(1932―1984)

フランスの映画監督。2月6日パリに生まれる。少年時代から映画を愛好し、映画批評家アンドレ・バザンの知己を得て、兵役を終えると映画雑誌などに筆をとりながら短編映画の製作を始めた。少年時代の体験に基づく自伝的な長編第一作『大人は判(わか)ってくれない』(1959)、ついでスリラーもののパロディー『ピアニストを撃て』(1960)、恋愛ものの傑作『突然炎のごとく』(1962)と発表。ヌーベル・バーグのもっとも個性的な作家の一人となった。デビュー作とともに少年ドワネルの成長を追う四部作『二十歳の恋』(1962)、『夜霧の恋人たち』(1968)、『家庭』(1970)のほか、作品は多彩で、『華氏451』(1966)、『黒衣の花嫁』(1968)、『恋のエチュード』(1971)、『映画に愛をこめて アメリカの夜』(1973)、『アデルの恋の物語』(1975)、『トリュフォーの思春期』(1976)、『緑色の部屋』(1978)、『終電車』(1980)などがある。また俳優として自作『野性の少年』(1969)などに出演したほかアメリカ映画『未知との遭遇』(1977)にも出演、1962年には傾倒するヒッチコック監督に延べ50時間に及ぶインタビューを行って対談集『アルフレッド・ヒッチコックによる映画』(1966)を発表、貴重な記録になっている。1984年10月21日癌(がん)のため死去。[村山匡一郎]

資料 監督作品一覧

あこがれ Les Mistons(1957)
水の話 Une histoire d'eau(1958)
大人は判ってくれない Les quatre cents coups(1959)
ピアニストを撃て Tirez sur le pianiste(1960)
突然炎のごとく Jules et Jim(1962)
二十歳の恋~「アントワーヌとコレット」L'Amour vingt ans - Antoine et Colette(1962)
柔らかい肌 La peau douce(1964)
華氏451  Fahrenheit 451(1966)
黒衣の花嫁 La marie tait en noir(1968)
夜霧の恋人たち Baisers vols(1968)
暗くなるまでこの恋を La Sirne du Mississipi(1969)
野性の少年 L'enfant sauvage(1969)
家庭 Domicile conjugal(1970)
恋のエチュード Les deux Anglaises et le continent(1971)
私のように美しい娘 Une belle fille comme moi(1972)
映画に愛をこめて アメリカの夜 La nuit amricaine(1973)
アデルの恋の物語 L'histoire d'Adle H.(1975)
トリュフォーの思春期 L'argent de poche(1976)
恋愛日記 L'homme qui aimait les femmes(1977)
緑色の部屋 La chambre verte(1978)
逃げ去る恋 L'amour en fuite(1978)
終電車 Le dernier mtro(1980)
隣の女 La femme d' ct(1981)
日曜日が待ち遠しい! Vivement dimanche!(1982)
『トリュフォー著、山田宏一・蓮實重彦訳『わが人生・わが映画』『映画の夢・夢の批評』(1979・たざわ書房) ▽山田宏一・蓮實重彦著『トリュフォーそして映画』(1980・話の特集) ▽トリュフォー著、山田宏一・蓮實重彦訳『映画術 ヒッチコック』(1981・晶文社) ▽山田宏一著『トリュフォー ある映画的人生』(1991・平凡社) ▽山田宏一著『フランソワ・トリュフォー映画読本』(2003・平凡社) ▽山田宏一著『トリュフォーの手紙』(2012・平凡社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のトリュフォーの言及

【大人は判ってくれない】より

…1959年製作のフランス映画。ジャン・リュック・ゴダール監督の《勝手にしやがれ》(1960)と並んでおそらく世界的にもっともよく知られた〈ヌーベル・バーグ〉作品で,フランソワ・トリュフォー監督の長編第1作。オーディションで選ばれた14歳の新人ジャン・ピエール・レオーが,トリュフォーの〈分身〉である主人公のアントアーヌ・ドアネルを演じ,以後も,成長しておとなになっていく主人公を年齢とともに演じ続けていくという映画史上稀有(けう)な自伝的シリーズ(《二十歳の恋》(1962),《夜霧の恋人たち》(1968),《家庭》(1970),《逃げ去る恋》(1978)に至るいわゆる〈アントアーヌ・ドアネル物〉)を形づくることになる。…

【ヌーベル・バーグ】より

…58年には14人,59年には22人の新人監督が長編映画の第1作を撮るという,かつてない激しい映画的波動がわき起こり,さらに60年には43人もの新人監督がデビュー,アメリカの雑誌《ライフ》が8ページの〈ヌーベル・バーグ〉特集を組むに至って,世界的な映画現象として認識されることになった。 こうしたフランス映画の若返りの背景には,国家単位で映画産業を保護育成する目的で第2次世界大戦後につくられたCNC(フランス中央映画庁)の助成金制度が新人監督育成に向かって適用されたという事情があるが,その傾向を促すもっとも大きな刺激になったのが,山師的なプロデューサー,ラウール・レビRaoul Lévy(1922‐66)の製作によるロジェ・バディムRoger Vadim(1928‐ )監督の処女作《素直な悪女》(1956)の世界的なヒット,自分の財産で完全な自由を得て企画・製作したルイ・マルLouis Malle(1932‐95)監督の処女作《死刑台のエレベーター》(1957)の成功,そしてジャン・ピエール・メルビル監督の《海の沈黙》(1948)とアニェス・バルダ監督の《ラ・ポワント・クールト》(1955)の例にならった〈カイエ・デュ・シネマ派〉の自主製作映画の成功――クロード・シャブロルClaude Chabrol(1930‐ )監督の処女作《美しきセルジュ》(1958),フランソワ・トリュフォー監督の長編第1作《大人は判ってくれない》(1959),ジャン・リュック・ゴダール監督の長編第1作《勝手にしやがれ》(1959)――であった。スターを使い,撮影所にセットを組んで撮られた従来の映画の1/5の製作費でつくられたスターなし,オール・ロケの新人監督の作品が次々にヒットし,外国にも売れたのであった。…

※「トリュフォー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トリュフォーの関連キーワードモロー(Jeanne Moreau)トリュフォー/ある映画的人生ベルナデット ラフォンアルノー デプレシャンアントアーヌ・ドワネルジャン・ピエール レオ暗くなるまでこの恋をミシェル ロンダールクロード ミレール北北西に進路を取れファニー アルダンアデルの恋の物語マリー デュボアピアニストを撃てナタリー バイ暗闇へのワルツ勝手にしやがれ華氏四五一度黒衣の花嫁トリフォー

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トリュフォーの関連情報