コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福地勝衛門(読み)ふくち かつえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福地勝衛門 ふくち-かつえもん

1830-1865 幕末の武士。
天保(てんぽう)元年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。父福地政次郎より神発流砲術をまなび,鉄砲頭(がしら)となる。元治(げんじ)元年天狗(てんぐ)党の乱では,父とともに常陸宍戸(ししど)藩主松平頼徳(よりのり)にしたがい,保守派の諸生党とたたかう。敗れて下総(しもうさ)古河(こが)藩に禁固となり,元治2年4月5日処刑された。36歳。名は道遠。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android