コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福島貞雄 ふくしま さだお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福島貞雄 ふくしま-さだお

1785-1861 江戸時代後期の農政家。
天明5年生まれ。武蔵(むさし)足立郡大間村(埼玉県鴻巣市)の名主天保(てんぽう)8年飢饉(ききん)時の食糧節約法などをしるした「贍民録(せんみんろく)」をあらわした。文久元年5月3日死去。77歳。通称は耕八。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

福島貞雄

没年:文久1.5.3(1861.6.10)
生年:天明5(1785)
江戸後期の武蔵国足立郡大間村(鴻巣市)の名主,農学者。通称耕八。才幹があり,領主の林述斎 からも信任されていたという。天保飢饉に際して村々で申し合わせて5カ月にわたり実践した,雑炊による米,麦の食いのばし法について記した『贍民録』(1837)を自ら刊行して3000部を頒布し,のちに農書『耕作仕様書』(天保年間)を著す。同書には各種作物の試作結果が記されており,江戸近郊の畑作を中心とした商品作物栽培の実態や,自らが経験から会得した耕作技術がもりこまれている。また3例にわたる経営事例が記されており,当時のこの地域の農家経営の状況が明らかにされている。<参考文献>葉山禎作「『耕作仕様書』解題」(『日本農書全集』22巻)

(黒須茂)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

福島貞雄の関連キーワードベルトレ炭酸塩岩脈文久サルデーニャ王国ドストエフスキーオセアニア史(年表)三ツ峠山稲葉小僧功子内親王藤枝外記

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android