コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福永令三 フクナガレイゾウ

デジタル大辞泉の解説

ふくなが‐れいぞう〔‐レイザウ〕【福永令三】

[1928~2012]童話作家。愛知の生まれ。「クレヨン王国の十二か月」で講談社児童文学新人賞を受賞。以後「クレヨン王国」シリーズの作品を多数執筆し、同シリーズはロングセラーとなった。平成16年(2004)児童文化功労賞受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福永令三 ふくなが-れいぞう

1928-2012 昭和後期-平成時代の児童文学者。
昭和3年12月25日生まれ。早大卒業後から文筆生活。昭和31年「赤い鴉」でオール新人杯(現・オール読物新人賞)。38年「12色のクレヨン」でモービル児童文学賞。39年「クレヨン王国の十二か月」(35年刊)講談社児童文学新人賞。43年小学生対象の学習塾をひらく。講談社・青い鳥文庫に所収の「クレヨン王国」シリーズ(55年創刊)は500万部をこすロングセラーとなる。平成16年児童文化功労者。平成24年11月19日死去。83歳。愛知県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

福永令三の関連キーワードクレヨン王国シリーズ昭和福永

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android