福田 節雄(読み)フクダ セツオ

20世紀日本人名事典「福田 節雄」の解説

福田 節雄
フクダ セツオ

昭和期の電気工学者 元・東京大学教授;元・電気学会会長。



生年
明治35(1902)年2月11日

没年
昭和46(1971)年11月22日

出生地
島根県

学歴〔年〕
東京帝大電気工学科〔大正15年〕

学位〔年〕
工学博士〔昭和13年〕

経歴
東大講師を経て、昭和4年助教授、17年教授となり、37年定年退官、成蹊大学初代工学部長。また電気学会会長、原子力安全研究協会理事、総理府放射線審議会委員、電気事業研究国際協力機構初代議長などを務めた。電力発送配電・自動制御に関する研究、再起電圧直視装置の発明など電気工学の発展に尽力著書に「電気工学原論」「電弧」「電気回路」「発電工学」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android