コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福田渭水 ふくだ いすい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福田渭水 ふくだ-いすい

1818-1866 幕末の儒者。
文政元年生まれ。肥前諫早(いさはや)(長崎県)の人。佐賀藩の重臣諫早氏につかえ,郷学好古館でおしえる。洋式兵学をまなび,弘化(こうか)-嘉永(かえい)ごろ長崎で異国船警備にあたった。慶応2年死去。49歳。名は演益。字(あざな)は倹夫。諡号(しごう)は文毅先生。詩集に「渭水詩鈔」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

福田渭水の関連キーワード八十島叉橋

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android