コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

英学 エイガク

デジタル大辞泉の解説

えい‐がく【英学】

蘭学などに対して、英語による学問。また、英語を通して取り入れられた学問、技術。
英語英文学など、英国に関する学問

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えいがく【英学】

(蘭学などに対して)英語によってする学問。
英語・英文学あるいはイギリスに関する学問。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

英学
えいがく

英語を学び、英米の学問をすること。英学は漢学や蘭学(らんがく)の伝統を受け継ぐもので、幕末に始まり明治時代に盛んであった。[高梨健吉]

日英の交渉

日本に最初にきたイギリス人はウィリアム・アダムズで、徳川家康に数学を教えたという。三浦按針(みうらあんじん)と称し、横須賀市に安針塚、伊東市に記念碑がある。1613年(慶長18)にイギリスから通商使節セーリスがきたとき、平戸(ひらど)にイギリス商館を設立するのに協力した。しかし日英通商は長続きできず、10年間で終わった。当時の南蛮貿易にはポルトガル語が通用しており、英語を日本人が学んだという形跡はない。[高梨健吉]

フェートン号事件

1808年(文化5)にイギリス軍艦フェートン号が長崎港に乱入し、長崎奉行(ぶぎょう)は責任を負って切腹した。幕府は外国語研究の必要を痛感し、長崎通詞(つうじ)たちに英語とロシア語の学習を命じた。その成果が日本最初の英和辞書『諳厄利亜(あんげりあ)語林大成』(1814)である。やがてイギリスの東洋侵略は進展し、アヘン戦争が起こる(1840)。この年に日本で英文法の本『英文鑑(えいぶんかん)』が編集された。[高梨健吉]

日米の交渉

1853年(嘉永6)ペリーの率いるアメリカ東洋艦隊が来航し、日本は開国を強要された。2年後の55年(安政2)に幕府は洋学所(翌年蕃書調所(ばんしょしらべしょ)と改称)を設立、外国語研究がようやく盛んになってきた。ここで編集された『英和対訳袖珍(しゅうちん)辞書』(1862)は日本最初の印刷本の英和辞書である。開国とともにアメリカから多くの宣教師がくるようになったが、ヘボン編集の『和英語林集成』(1866)は新しい日本文化の発展に役だった。[高梨健吉]

海外留学

開国前は、中浜万次郎(ジョン・万次郎)や浜田彦蔵(ジョセフ・ヒコ)のように漂流してアメリカ捕鯨船に救助され、アメリカで教育を受けた者もある。新島襄(にいじまじょう)は箱館(はこだて)から脱出して、アメリカの大学に学び、帰国して1875年(明治8)に同志社を設立した。幕府は1866年(慶応2)に中村正直(まさなお)など14名を留学生としてイギリスに送った。中村の翻訳した『西国立志編』(1871)はベストセラーとなり、明治の青年に愛読された。福沢諭吉は幕末に欧米に行って西洋文明の実情を知り、『西洋事情』(1866)、『学問のすゝめ』(1872)などを著し文明開化を広めた。彼の創設した慶応義塾は新しい文明の指導者を多く養成した。1871年にアメリカに留学した神田乃武(ないぶ)はのちに日本英学界の指導者となり、同じくアメリカに学んだ津田梅子は1900年(明治33)に女子英学塾(津田塾大学の前身)を創立。1873年にイギリスに留学した井上十吉(じゅうきち)はのちに優れた英語辞書や英文著作を出している。[高梨健吉]

近代化

日本の近代化はお雇い外国人の力によるところが大きい。アメリカ人クラークは1876年に札幌農学校の創設に招かれ、現在の北海道大学の基礎をつくった。この学校から新渡戸稲造(にとべいなぞう)、内村鑑三(かんぞう)のような国際的な人物が出ている。スコットランド人ダイエルは工部大学校(東京大学工学部の前身)の学校づくりに力を尽くし、工業教育に大きな役割を果たした。77年に開設した東京大学では、フェノロサ、モースなど多くの外国人が教えている。そこで学んだ人には岡倉天心(てんしん)、坪内逍遙(しょうよう)など日本の英学に活躍した人が多い。坪内は早稲田(わせだ)大学の英文科を育て、シェークスピア全訳の偉業を残した。
 明治時代にアメリカ人宣教師もまた、日本の学校教育に大いに力を尽くし、キリスト教は日本人の精神文化に大きな影響を与えた。ミル、スペンサー、マコーレー、カーライルなど英米の思想家の影響も大きい。[高梨健吉]
『大村喜吉・高梨健吉・品川力編『日本の英学100年』全4巻(1968~69・研究社出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

英学の関連キーワードエスコラピオス学園海星高等学校明治学院高等学校日本英学史学会マクドナルド谷村 まち子慶応義塾大学小林 乾一郎和田 秀豊神谷美恵子小幡篤次郎小平[市]佐々井一晁乙骨太郎乙堀 達之助伊藤 徳三山川 菊栄岡野松三郎津田塾大学神田 乃武星野 あい

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

英学の関連情報