コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福間健二 ふくま けんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福間健二 ふくま-けんじ

1949- 昭和後期-平成時代の詩人,映画監督,文化研究者。
昭和24年生まれ。昭和54年岡山大講師。現・首都大学東京教授。専門は詩と映画と大衆音楽を中心とする文化研究。平成元年雑誌「ジライヤ」を創刊。23年「青い家」で萩原朔太郎賞,藤村記念歴程賞。著書はほかに「詩は生きている」「ピンク・ヌーヴェルヴァーグ―佐藤寿保,佐野和宏,サトウトシキ,瀬々敬久の挑戦」など。映画監督作品に「急にたどりついてしまう」「岡山の娘」「わたしたちの夏」など。新潟県出身。東京都立大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

福間健二の関連キーワード恐怖映画昭和

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

福間健二の関連情報