コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福音伝承 ふくいんでんしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

福音伝承
ふくいんでんしょう

イエス・キリストの説いた教えとその生涯についての伝承をいう。イエスの教えは『マルコによる福音書』で「時は満ちた,神の国は近づいた。悔い改めて福音を信ぜよ」 (1・15) という句によって総括されているが,人々に新しい生き方と真の希望を示し,また山上の垂訓のようにきびしい倫理的回心を迫るものであった。この教えはイエス自身の生涯の記憶とともに初期教会の宣教,礼拝,訓育などさまざまな活動を場として伝えられ (→生活の座 ) ,断片的な形から漸次まとまった伝承結集となっていった。福音書はこれらの福音伝承を素材として成立したものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

福音伝承の関連キーワードイエス・キリスト処女生誕